読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかの再会

アルバミンチで過ごす初めての週末

前日飲んだマラリヤ予防薬の副作用か軽い頭痛と吐き気

土曜は貯めていた三年日記帳つけて、荷物の整理やらやら

そして泊まってるホテルのレストランで一息つこうとしたところ

ん?

見覚えのある後ろ姿

慌ててかけていって

確認!

やっぱり

以前の任地

ウォルデイアのサッカー選手

キャンプテンのグバ

ええー

なんでここに?

と思ったら

ウォルデイアのサッカー選手みんないるやん!

治安悪化で

もう暫くは

以前いたウォルデイアには行けないし、友人達にも会えないと思ってたのに

1000km離れた

アルバミンチで再会できるなんて!

嬉し過ぎて

言葉が出でこない

えっ

うぉうぉ

ウォルデイアのサッカー選手だよね

なっなっなっ何で

ここにいるの?

慌て過ぎて

エースプレイヤーのイヨッブから

落ち着いて

君英語話せる?

って言われる

日曜日にアルバミンチと試合があるんだ

明日午後3時キックオフだから

ええー

絶対応援いきます

おっお俺はウォルデイアを応援します!

たぶん

興奮し過ぎて

相当暑苦しかったと思いますが

さすがプロのサッカー選手

紳士的対応でした!

そして日曜日

私の泊まってるホテルのレストランは美味しいと評判らしく

昼食時に選手、監督と会えました。

今度は落ち着いて

頑張ってね!

応援行くからと言えました。

そしたら

一緒にコーヒー飲んだよな!って

サイドバック選手が私に!

ええー

覚えてくれてるのー

めっちゃ嬉しい

(ホームスティの時だから3カ月ほど前の話)

そして監督首脳陣のいるテーブルにも挨拶

そしたら監督から

君以前、ホームゲームで

応援歌歌ってくれたよね!

えー

覚えててくれたんですかー

感動の連続です。

ビンマッチシム

バイマッチシム

アンデマッタナー

アンデラックシム

ウォルデイア カナマ

ウォステーノ!

思わずその場で歌っちゃいました。

ウォルデイアいた数日

たまたま試合を観れて

DJブースから

マイクでこれ歌ったら

数万人サポーターが熱唱

試合勝利して

真っ暗になるまで街中をパレード

ホームスティと配属合わせて

たった20日足らずだったけど

めっちゃ思い出あります。

いろいろ浸ってると

試合時間もせまってきて

選手達がバスに乗り

試合会場へ出発するのを見送り

選手達に

後でスタジアム行くから!

頑張ってねーと言ってると

Get in

Get in

えー

バス乗せてもらいました。笑

試合前にピリピリしてるはずなのに

外人サポーターを気遣ってくれる心意気

キャプテン グバの隣りの席に乗せてもらって

[uploading:4EDBAABE-1424-42A1-8937-71F3969DB39D/L0/001]

懐かしいクラブ応援歌がバスに流れ

選手達と士気をあげながら

会場入り

アフリカのサッカーは

すっごい熱い、サポーターも熱い

アウェイゲーム

敵チーム応援してるのバレたら

殺されちゃうじゃと

ヒヤヒヤ

でも

ウォルデイアのユニフォーム着てる人発見!

2人でサイレント応援頑張ろうと

熱く握手して

試合開始

ウォルデイアから

アルバミンチ標高差1000m以上低いし

暑い!

なかなかハードなコンディション

4バック、オフェンスを1人残して

守備を固めるウォルデイア

アルバミンチの選手達は

足元がとても上手くて

1人2人は軽く交わす身の軽さ

地方の民族の違いもあるけど

こんなにサッカーのスタイルも違うのかーと

いろいろ学ぶところがありました。

危ないところもありましたが

キーパーのファインセーブ

中を固めて、1枚交わされても

直ぐにフォローが入るウォルデイアの守備は硬く

0-0引き分け

アウェイゲームで

ドローは勝ったも同然

ウォルデイア選手達も

サッカー知ってるなー

私はちなみに

サッカー分かりませんが

そんな気がしました。笑

試合後は

ウォルデイアのバスの周りに人だかり

アルバミンチ大学の学生で

ウォルデイア出身が20人程いました。

その内の1人が

やたら私の顔を見る

そして

その学生から

あなた見たことあります。

Music Videoに出てましたよね?

ん?

えー

俺が出たMusic Video 流れてんの?

見ましたよっ!

感動…

ウォルデイア配属3日目

あの10分間踊り続けたシーンか

焚き火でヒロインの間に挟まれ

頷きまくったシーンか

それでも

ちゃんと完成してたんだー

完成品を見たい!笑

帰りもバス乗せてくれて

みんなで応援歌歌いながら凱旋して

ホテルへ

90分間走り続けて疲れてるのに

帰りぎわも

笑顔で握手してくれる選手達

上手く伝えられなかったけど

ちゃんと分かってる

長距離移動と気候の違い

タフなゲームで

見事にドローに持ち込んだ

Good jobくらいしか

またしても興奮して言えなかった

んー

興奮関係なく

語学力が足りない

ファインセーブ連続したGKは

バイクに乗った女性達に声をかけられてた

ほー

プロの遠征っていろいろあるなー笑

夜は

またしてもホテルのレストランで会えて少し会話もできた。

この文章も

興奮が蘇りまともな文かけませんでしたが

こんな巡り合わせもあるんだなーと

本当に幸せな週末でした。

エチオピア来て

退避だったりいろいろと

予想外の事が起きてはいますが

自分は本当についてるなと思います。

この運がこれからも続きますように

1つ1つの出逢いや活動を大事にしていきたいと思います。

そして

今回の件で

サッカー選手って

カッコいいなと思いました。

ウォルデイアのサッカー選手の

イチ ファンになったし

プロの選手って

人に夢とか与えちゃうんだと

自分が1人のサッカー少年になって

憧れの選手達と夢のような時間を過ごせた

そんな気を起こさせてくれました。

よく言えませんが

スポーツっていいですね(^ ^)

エース イヨッブ

コーヒー飲んだの覚えててくれた

サイドバック