読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

woldiya life

Woldiyaでの貴重な時間
何をしようか

職場の同僚、友人とお茶しながらゆっくり過ごそうか…

任地変更になるかもしれないし
仕事しても無駄になるかも…

そんな事が頭をよぎりましたが
せっかくwoldiyaにいるのに、悩んでいる時間が勿体無い


よし
あの山に登ろう!

山の上からwoldiyaの街を眺めてみたいとずっと思ってました。
登るなら今しかない!

自分の方向感覚を信じて
いざ出発
(朝7時)

案内版なんてない
始めは民家や教会に突き当たってしまい行き止まりばかり

細い小道から人が出てくるのを見つける

行ってみよ

小川発見

行けそうな気がしてきた


緑のトンネルを抜けて


ぼこぼこな坂道

結構な勾配です。

そんな急斜面にも民家が

サラムノーと挨拶すると
みんな知らない外人にも笑顔で返してれます。
(エチオピア人の好きなとこ)

ふ〜〜
平均標高2000mのエチオピア
少しの運動でも息あがります。

どの道に進もうか
気を付けないと転がり落ちてしまう

そんな時

上の方からこっこっち

助かったー


おかげで無事に山頂まで辿り着きました。

朝方で
まだひんやりする空気の中



これがwoldiyaです。

奥に見える大きな山がわたしは大好きです。

上から眺めると
これまで知らなかった建物や広場、道を発見でき
職場のアダゴ周辺が小さく見えます。

まだまだ歩いてない場所がたくさんある!
なんかインディージョーンズのひと幕のような、冒険が始まるドキドキ感を覚えました…(照)

そして
案内してくれたおじちゃんとパシャリ

急な勾配にしばしば足を滑らせながらも無事下山

そして朝食
朝からいい汗かいて
いつもより多めにインジェラ食べました。

左:私 真ん中:ティグス 右:メラトゥ

ティグス
いつも美味しいインジェラと、シャイ、ブンナをありがとー