チフスにかかりました。

12月5日(火)
朝起きると頭痛

最近、夜が冷えるし風邪の引き始めかな

大学に行き
いつも通り、同僚達と会話して昼飯を食う。
だんだん頭痛が強くなってきた

夕練
この日は私のメニューで泳がせる事になったので
久しぶりに張り切る

しかし
頭痛がどんどん強くなる

何とかメインメニューまで指導したものの
限界を感じる

バジヤジ(トゥクトゥク)をつかまえ、ホテルまで帰る

ホテルに着くも
ふらふら

今回はいつもの体調不良と違う
(いつもはお腹を下して、夜に高熱が出る)

頭痛が止まない
更に強くなってきた
(眼球裏からずっと強く押されてる感じ)

熱も測る度に上がっていく
最後に測れた時は38.6度

これはヤバイな
と野生の勘が働く

しかし夜勤帯の病院なんて絶対に行きたくないし、今行けば病院にお泊りになりそうだ

何とか明日の朝までは持ち堪えようと覚悟する

こういう時は
脱水症状が怖い
ホテルのスタッフが様子を見にきてくれた時に水を頼み

同じ任地の隊員にも電話して
一晩越すための準備を整える

一度横になったら
頭を動かせない
目を閉じて集中

この地にちゃんとした病院があって救急車というものを呼べるのなら
直ぐにかけていたでしょう。


こんな所でくたばってたまるか

一晩中
この言葉を何度も繰り返し
頭痛で殆ど寝れなかったものの
朝を迎えて一安心


同期のアツネに電話して
病院まで連れてってもらう事に

バジヤジに乗り
地元の病院へ

あー
朝から沢山の人が既に順番待ち

アツネがエチオピア人の同僚を連れてきてくれたから

気をきかせてくれて
直ぐに診察を受ける事ができた。

同時にJICAの健康管理員からも連絡がくる

症状を説明すると
Tiphes(チフス)の症状だとベテラン健康管理員がアドバイスをくれた。

2ヶ月前から首都アディスアベバで流行していたらしい


血液検査
マラリアテスト
チフス血液検査
マラリアテスト(2回目)

通常マラリアは熱がグン上がる

今回は熱よりも頭痛…
医者はマラリアをうたがう

しかし
症状からして違う
ベテラン健康管理員が電話越しに医者を説得しチフスの検査を受ける事ができ

チフス強陽性反応

決まり!
と思ったけど
マラリアテストも再度して診断を確定させると医師も引かない

もうとりあえず頭痛をどうにかして
Emergency room に連れていかれ
休ませてもらい痛み止めな注射

すると
少しずつ視界が広がっていくのを感じる。

マラリアテスト2回目も陰性で
やっとチフスの治療薬と頭痛鎮静剤をもらう事ができた。

あー
頭痛が引いただけで本当楽になった

そこから
5日間療養


食欲も出てきて
月曜日には職場に行けるようになった

今回の原因は何だったのか
最初はプールの汚水が原因だと思っていたけど

診断は発疹チフス

ダニが原因だと判明


ホテルに住んでるし
シーツ交換、清掃は週一でやってる

服もよく天日干しやってるし…


と思ったら
寝間着に使ってるパーカーの裏に
青白い1mm四方の虫の卵が10こ程産み付けられているのを発見

キモっ…

写真におさめる事も忘れ

直ぐに剥ぎ取って払い落とした

あー
テンション下がる

先月は同任地にいるシルクの支援できてる日本人がお腹の皮下からハエの幼虫が5匹出てきたと手術していた。

俺の体もヤバイな…


ネットいろいろ調べてみると
第二次世界大戦中に欧州で流行して数万人の人が亡くなっているらしい


現在はエチオピア含むアフリカ諸国で報告されていて

衛生環境の劣悪なところでしか発生しないらしい。

日本では以前ホームレスが感染した報告があるもよう


俺…
どんだけ汚い所で生活してるんだろ…
もうそれにも慣れてしまっている自分


生活環境を改善しないと
再感染すると健康管理員から注意をうけるも

どうしたらいいもんか


今回地元の病院に行ってみて
ドクターはとても親切だった

しかし
注射、血液検査は消毒なし
ゴム手袋する奴は学生の証し…

ベテランはゴム手袋しない

マスクなし

血液検査で血を吹き出す現地人達


Emergency roomで休んでいると
狂犬病を発症した患者が運び込まれ

叫びまくり、白眼むいてる

(狂犬病は発症したら100%死にます)


いろいろ貴重な体験をさせてもらいました。

あー死なずにすんでよかった。
後6ヶ月

こんな所でくたばってたまるか精神で頑張ります。

チフスにかかりました。

12月5日(火)
朝起きると頭痛

最近、夜が冷えるし風邪の引き始めかな

大学に行き
いつも通り、同僚達と会話して昼飯を食う。
だんだん頭痛が強くなってきた

夕練
この日は私のメニューで泳がせる事になったので
久しぶりに張り切る

しかし
頭痛がどんどん強くなる

何とかメインメニューまで指導したものの
限界を感じる

バジヤジ(トゥクトゥク)をつかまえ、ホテルまで帰る

ホテルに着くも
ふらふら

今回はいつもの体調不良と違う
(いつもはお腹を下して、夜に高熱が出る)

頭痛が止まない
更に強くなってきた
(眼球裏からずっと強く押されてる感じ)

熱も測る度に上がっていく
最後に測れた時は38.6度

これはヤバイな
と野生の勘が働く

しかし夜勤帯の病院なんて絶対に行きたくないし、今行けば病院にお泊りになりそうだ

何とか明日の朝までは持ち堪えようと覚悟する

こういう時は
脱水症状が怖い
ホテルのスタッフが様子を見にきてくれた時に水を頼み

同じ任地の隊員にも電話して
一晩越すための準備を整える

一度横になったら
頭を動かせない
目を閉じて集中

この地にちゃんとした病院があって救急車というものを呼べるのなら
直ぐにかけていたでしょう。


こんな所でくたばってたまるか

一晩中
この言葉を何度も繰り返し
頭痛で殆ど寝れなかったものの
朝を迎えて一安心


同期のアツネに電話して
病院まで連れてってもらう事に

バジヤジに乗り
地元の病院へ

あー
朝から沢山の人が既に順番待ち

アツネがエチオピア人の同僚を連れてきてくれたから

気をきかせてくれて
直ぐに診察を受ける事ができた。

同時にJICAの健康管理員からも連絡がくる

症状を説明すると
Tiphes(チフス)の症状だとベテラン健康管理員がアドバイスをくれた。

2ヶ月前から首都アディスアベバで流行していたらしい


血液検査
マラリアテスト
チフス血液検査
マラリアテスト(2回目)

通常マラリアは熱がグン上がる

今回は熱よりも頭痛…
医者はマラリアをうたがう

しかし
症状からして違う
ベテラン健康管理員が電話越しに医者を説得しチフスの検査を受ける事ができ

チフス強陽性反応

決まり!
と思ったけど
マラリアテストも再度して診断を確定させると医師も引かない

もうとりあえず頭痛をどうにかして
Emergency room に連れていかれ
休ませてもらい痛み止めな注射

すると
少しずつ視界が広がっていくのを感じる。

マラリアテスト2回目も陰性で
やっとチフスの治療薬と頭痛鎮静剤をもらう事ができた。

あー
頭痛が引いただけで本当楽になった

そこから
5日間療養


食欲も出てきて
月曜日には職場に行けるようになった

今回の原因は何だったのか
最初はプールの汚水が原因だと思っていたけど

診断は発疹チフス

ダニが原因だと判明


ホテルに住んでるし
シーツ交換、清掃は週一でやってる

服もよく天日干しやってるし…


と思ったら
寝間着に使ってるパーカーの裏に
青白い1mm四方の虫の卵が10こ程産み付けられているのを発見

キモっ…

写真におさめる事も忘れ

直ぐに剥ぎ取って払い落とした

あー
テンション下がる

先月は同任地にいるシルクの支援できてる日本人がお腹の皮下からハエの幼虫が5匹出てきたと手術していた。

俺の体もヤバイな…


ネットいろいろ調べてみると
第二次世界大戦中に欧州で流行して数万人の人が亡くなっているらしい


現在はエチオピア含むアフリカ諸国で報告されていて

衛生環境の劣悪なところでしか発生しないらしい。

日本では以前ホームレスが感染した報告があるもよう


俺…
どんだけ汚い所で生活してるんだろ…
もうそれにも慣れてしまっている自分


生活環境を改善しないと
再感染すると健康管理員から注意をうけるも

どうしたらいいもんか


今回地元の病院に行ってみて
ドクターはとても親切だった

しかし
注射、血液検査は消毒なし
ゴム手袋する奴は学生の証し…

ベテランはゴム手袋しない

マスクなし

血液検査で血を吹き出す現地人達


Emergency roomで休んでいると
狂犬病を発症した患者が運び込まれ

叫びまくり、白眼むいてる

(狂犬病は発症したら100%死にます)


いろいろ貴重な体験をさせてもらいました。

あー死なずにすんでよかった。
後6ヶ月

こんな所でくたばってたまるか精神で頑張ります。

世界イチ


毎年11月に大使館対抗のフットサルゲームが開催されています。

メインスポンサーは
Heineken

チャンピオンズリーグと同じスポンサー
雰囲気も上がります。

昨年は決勝リーグ1回戦で
AU(アフリカ連合)に負け
そのままAUが優勝を飾りました。

今年は昨年の悲願を果たすべく

日本Aチームには
サッカー隊員7名に
JICA、UNのサッカー経験者

そして
日本Bチームとして
体育系隊員として
私は参加させて頂きました。

結果を言いますと
Bチーム予選リーグ敗退
1勝1敗1引き分け

Aチーム 優勝!(世界イチ)
に輝きました。

Bチームは決勝リーグにすすめなかったものの大健闘
はらはらドキドキさせる試合内容
試合を踏む毎に動きも良くなり
最終選でカナダに1勝した時はもう飛び跳ねて喜びました。

決勝リーグでは
初戦がカナダ
まさかBチームが勝った相手に負けないだろうと思っていたら
PK戦で勝利する波乱の展開

そこからは
実況:岡田くん(自転車隊員)
解説:新地(松井さん風)
で観客席を盛り上げました。

1点ビハインドから
後半巻き返し
逆転勝利

ドラマチックな試合を繰り広げる日本Aチーム

会場も他国からも日本コールをもらうなど、日本応援団も一致団結

決勝はエジプト
昨年AUでプレーしていたストライカーが光るものの
組織でも体力的にも選手層の厚さ
全て圧倒し
3-1で見事勝利


バスで8時間かけて首都に上がってきてよかった。

優勝したし


念願の一勝
美味い酒が飲めました。

これで十分です。

あー
いい気分転換

やっぱり本気で勝ちいくから面白い

エチオピアに来てサッカー好きになりました。

世界イチ!


日本Bチーム

そして
世界イチに輝いた日本Aチーム

決勝の相手エジプトと

チャンピオーネを歌って
ビールかけ

人生初swimが20歳だったら

日本では
ほぼ全ての小中学校にプールがあり水泳がカリキュラムに組まれているので

人生初swimは少なくとも7歳前後でしょうか。


私も近くのスイミングスクールに小さい頃通ったのを覚えています。


エチオピアというと
近くに川や湖がある地域を除いて
水泳というのは教科書で学ぶものです。


なので
20歳になって始めてプールに入る学生がほとんど

今年もそんなスポーツ科の学生達へ授業が始まりました。

男子生徒の鍛えあげられた身体
ガッチガチの足首

手作り水着?スポブラ?
シャンプーハットの女子生徒

まぁみんな
パニックですよね。
ドリフのコントを観てるようなシーンもちらほら見受けられる


私の担当はイケイケ男子約20名

お察しの通り基本言うこと聞きません。

そんなイケイケ君達ですが
こちらも場数踏んでますからね。

顔を水につけるところから始まり
水中で息を吐くこと
目を開けること

潜ってみよう

友達の股の間を潜り抜けよう
ってな感じで
幼稚園生を教えるように
飽きないようにテンポ良く違うメニューを組んであげて

取り敢えずは
バタ足が何となく出来るようになってきました。


昨年を振り返ると
シャワーが出ない、薬品が無い
問題があり過ぎて3回しかレッスンがありませんでした。

それからすると
今年は11月から1月まで
週2回ちゃんと授業が出来そうです。

幸運な学生達。

イケイケ君達が
2ヶ月後に水中でイケイケになれるように、教員達と協力してやってみます。

プールにインジェラ?!


ある日の事
プールにインジェラらしきモノが浮いてました。

誰だプールにインジェラ持ってきた馬鹿わ



そう思ったあくる日から
浮遊インジェラが増加

何事かとアベラ達と原因を探していると


インジェラ
ぷか〜っと

プールの底から浮上してくるを確認


えっ!

堆積していた薬品のカスが
ヘドロのようになり
ガスを発生させて浮上してきているようでした。

んー
一応メタンガスか確認するために
ライターで火が付くかやってみましたが、火がつく気配はありませんでした。
(実験の仕方が下手だったかも)


初めて大量発生した日は
プールは閉鎖、練習中止して
選手含め30名程で水底の堆積物をブラシで剥がし、浮遊してきたインジェラを外に出すという人海戦術をとりました。


しかしこのインジェラ野郎
ネットで掬いあげようとすると
細かく分解して再び水底に沈んでいくんです。


この日から1ヶ月は
毎日午後になると大量のインジェラが浮上


練習前になると
アベラ達ライフセーバーがプールに入り
インジェラを外に出すのを諦め
色んな方法でバシャバシャかき混ぜ
沈める作業がありました。


私はというと
この間も選手と一緒にプールに入っていました。

生臭い匂い…
頭に付着するインジェラ

最初は笑ってましたが
喉痛めたり、お腹の調子崩したり
自分自身も体調崩し始め

選手達も体調不良で病院へ

これを読んでる方は
そんな汚い水なら
水を入れ換えたらよいと思うかもしれませんが

このアルバミンチ大学では
最低2ヶ月は水の入れ替えはできないんです…


何とか2ヶ月経ち
11月末に綺麗な水になりましたが

この濾過器のないため池50mプール

水質管理は本当大変です…

最初はインジェラ少しでした

もう最後はプールを覆い尽くす程に…

パドル作り~モノが無ければ作ればいい~


選手達のストロークの癖を修正したい
キャッチの感覚を掴んで欲しい

いろいろと練習メニューも工夫してみましたが、あまり劇的な効果はない。

ということで
パドルを作ってみました。

材料
・壊れたバケツ
・道で拾ったタイヤチューブ


ノコギリとハサミで成形して
ドリルで穴をグリグリ開けて
仕上げに紙やすり

ゴムを適当な長さに切って
差し込み

出来上がりこんな感じ

0円で中々のクォリティーのモノができました。

実際に自分で試しに使ってみましたが、いい感じ!!
しかし
ハンドパドルは選手達にはまだ難しく感じたらしく、
サイズ半分にして
フィンガーパドルも作ってみました。
これは更に良い感じ
選手達も気にいってくれました。

課題はゴム…
劣化したゴムなので直ぐ切れてしまう。
穴の大きさ、ヤスリを更に細かくさるか


この課題が解決されたら
本当に実用的なパドルになりそうです。

他の改善策としては
バケツなので少しカーブしてます。クロールの練習にはさほど問題ないですが、フラット(平ら)な素材で作ったら他の泳法でも使いやすくなるかなぁと思ってます。


ちなみにエチオピア国内にパドルは流通してません。

ちゃんとペイントしたり
形をもっと追求すれば
1つ500ブル(2000円)程度で売れるんじゃないかと同僚達をそそのかしてます。

壊れたバケツからパドル制作

日本では必要ないかもしれませんが
途上国で道具に困ってたら試してもらいたいです。

中々いいですよ。


日本で市販されてるハンドパドル

フィンガーパドル

サッカー教室Vol2

10月の終わりに
アルバミンチ大学付属小学校で
昨年2月に続けて2回目のサッカー教室を行いました。

指導にあたってくれたのは
サッカー隊員5名


前回の反省を活かし
確実に使用可能なグランドと道具ボールは全て自分達で準備しました。

前回はというと
エチオピアフットボール連盟会長の電話にはグランドもボールも全て大学で用意すると言い張ったチョンべさん…
しかし
同日にグランドは使わせない、君らの企画に道具は貸せないと
とんでもないドッキリをくらったので

配属先からサポートを得られない事を前提に小学校と協力して準備をすすめました。

校長のケベテさんとは
もう仲良しだったので
快くこの企画を受け入れてもらえました。

グランドも学校から近い広めの場所を好きに使えることに

しかし…
新学期が始まったばかり
雨季明けで雑草が生い茂る
とてもサッカーできるコンディションではない

朝練、夕練の水泳指導の合間は
草刈り弘太郎

クワとカマを手にグランドへ

んー
これは骨が折れる

カマというか
剣ですよね!笑

これをですね
地面を滑らせるように
低い姿勢をとり
手首のスナップを効かせて
草を刈っていくわけです。

んー野球部でよかった

普段テフェリ(プール掃除の指導をする16歳)の姿を思い出し見様見真似でしたが
それなりに上手に扱える。

午前の
草刈り中

子供たちが駆け寄ってきてくれ
手伝ってくれたり、声をかけてくれるエチオピア

が…
2日目以降は
通りかかる人からは
China!China!
チャイナが草刈りしてるぜと
馬鹿にされ続ける

炎天下…
そんなに草刈りする東洋人が面白いか

この野郎

馬鹿にしてそそくさと
車にのるハブタム(金持ち)馬鹿野郎には

シャラップ
ファック
もうイライラも限界を迎え
石も投げてやりました。
(当たりませんよ)


ただ草刈りするだけでも
大変なエチオピアです。

大学のダイレクターオフィスの目の前ですよ
良い身形した大人達なんてすがね
草刈りをする私がストレンジのようです。

3日間かけた草刈り弘太郎の成果はグランド半分使えるようにした程度

最後はサッカー隊員到着してから総出で草刈ってもらい
何とか40名の生徒が動けるスペースを確保しました。

プログラムの総括をすると
サッカー隊員のマンパワーをフルに発揮して
約1週間でG3~G6(8~12歳)の男女180人にスポーツの機会を提供する事ができました。

いろいろ準備から大変でしたが
子供たちの笑顔が何より

そして
練習よりゲームを中心の内容にする事で、運動量が自然に増えるし楽しめるという事

コートの広さ人数を考慮して
接触事故のリスクを減らせること

各1時間の少ない時間でしたが学ぶ事がたくさん。

スポーツの種目毎にいろんな練習法があって考え方も違う
勉強なります。

今回は私が事前に密な連絡をとることが学校とも隊員とも出来ずに
校長のMr.Kebedeさんにはとても迷惑をかけてしまいました。

そんな中でも
子供は国の未来だと
私たちの活動を理解してくれ
最大限の協力をしてくれました。

本当にありがたいことです。

そしてこのサッカー教室の期間が
ちょうど水泳チームがゴタゴタしてた時と重なり

炎天下での草刈りで頭を空に出来たし、
ボールを追っかける子供たちの笑顔がみれて元気をもらえて
とても有難い機会でした。


汗を流すっていいですね。

草刈り弘太郎

Before →After

協力してくれたケベテ校長に感謝状