読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方出張(スポーツ指導&体力測定)

地方出張
4/1〜4/7

同僚達が私の気分転換になると
地方出張に誘ってくれました。

南部諸民族州、第2の都市サウラ

行きは大学の四駆に後部座席9人で乗り込み6時間ちょい

標高3000m程の山を登ったり下ったり、標高差が激しく暑いかと思えば肌寒くなったり

しかし
ほとんどの道が舗装されていたので
そこまで苦になりませんでした。
それに
アムハラ州で体験した落ちたら絶対死ぬであろう崖道を猛スピードで移動するのに比べたら大した事ありません


今回の私の役割は
同僚達の仕事を撮影してレポート作ること。

なので仕事している風な写真をたくさん撮りました。

〜内容〜
①バレーボールコーチングセミナー
U15陸上選手の発掘

まずコーチングセミナー
開会式があり、翌日から実技指導
初日はオーバーハンド、アンダーハンドパスの練習。
まぁまぁ良い練習かなと思いましたが
コートでの練習になると
解説が長過ぎ、ボールがせっかくあるのに意図が分からない動きを反復練習…

参加者達の感想を聞くと
仕事を休んでセミナーに来たのに水一本しかもらえない。日当を出せと私に言ってくる

これじゃバレー嫌いになるだけだと思い
休憩時間に私がトス上げてスパイク練習をしました。
やはりバレーの魅力の1つはスパイクですね。
大人ですがみんな目をキラキラさせて俺も俺もと列を作ってきました。

しかし…
ピーー
終了

ボール使うな
練習終わり
解散

私の役目は写真を撮る事ですが
やっぱり参加者にバレーを好きにさせないと続いていかないと思います。
果たして参加者の何人がバレー指導をやってくれるでしょうか。


続きまして
U15陸上選手の発掘

標高2500mにある学校を訪問
高台に登ってゴロンと横になると
冷んやりした空気に青い空
ここで生活している子供たちは幸せだなー
そして
凄い選手がいそうでワクワクしました。

評価項目は
・6分間走
・100m走
長座体前屈

同僚達がちゃんとウォームアップさせるところまでは良かった

〜6分間走〜
よーいドン!
子供達が一斉に走りだす、なかなか良いペース
しかし…
計測側のスタッフが走者に
もっとゆっくりゆっくり
まだ4分もあるよ!ゆっくり
残り1分になると
さースピード上げて!!

こんなの意味あんのか?


子供達はこれまで6分間走はした事ないのは見ればわかる

ペースも分からないだろう

しかしこんなスタッフがゆっくり走れとかスピード上げろだの適当なアドバイスしたら、何の意味もない。

子供達は一生懸命走ってるのに
何で余計な事を言うんだ!

何の為に測定してんの?
ゆっくりとか、指示するな!
私も流石に厳しい口調で同僚達スタッフを注意しました。


結局
私が注意した後の組の結果は良かったです。
6分間走 1位の記録
男子 14歳 1725m
女子 12歳 1350m

日本の5分間走中学判定基準と比べても良い記録だとわかります。

それも走者は裸足
標高2500mでの測定です。

普通の人だと少し小走りするので息があがる環境

さすがエチオピアのポテンシャルは高い

しかし
前半の組にも良い選手はいたろうに…

測定者の経験が足りな過ぎる…


出張中はこんな感じて
写真と同僚の仕事をサポートしていましたが

停電と断水で
1週間シャワー浴びれず疲労困憊
写真もとったので、

同僚達を残し1人でローカルバスに乗り込みアルバミンチの自宅に帰りました。

土日でそれっぽいレポートに仕上げて月曜には提出して仕事完了

リフレッシュにはなりませんでしたが同僚達の仕事ぶりも見れたし、課題も分かり、エチオピアのポテンシャルを勉強をさせてもらえた出張になりました。